19
女性格闘家
ユリ・サカザキ
キャラクター別対策
理想ゲージ状態
MAX
 攻撃力不足をMAXで補う。
理想プレイ位置
1P
 『画面端起き攻め』は1Pの方が強力。
必須要素
跳ばせて落とす 各種GC 差し返し 気合いキャンセル連続技 相手以上の読み
受け手に回らない 対空処理 相手を型にハメる 精度の高い特殊キャンセル
■「跳ばせて落とす」と「虎煌拳モード」で押せるキャラ(テリー、アンディ、クラーク、ケンスウ、等)は基本的に問題無いが、それらがあまり有効では無い相手達が問題になってくる。虎煌拳主体の攻めが効きづらい相手には「特殊キャンセル絡み連係」で戦っていく。つまりこの両方が行いにくいキャラが強敵となる。
■基本的に時間をフルに使って戦う感じになるが、早期決着を望む場合は必殺技でダウンさせて「めくり跳び込み」を狙っていきたい。京や庵等、試合が長引くと危険な相手ほど狙っていくべきだろう。
■何度も言うようだがユリの強さは「跳ばせて落とす」である。相手の跳び込みを小・空牙対空で落とせずガードしているようでは未来は無い。


ダイヤグラム兼ページ内リンク



3:7
開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 読み勝った際の一撃の重さではやはり京の方が上だが、それ以外の要素に関しては心理戦と立ち合いで十分対抗出来る。時間をフルに使うぐらいの気持ちでじっくりと戦えれば、勝機は見えてくる。ただし、ダウンさせた場合はめくり跳び込みを狙い、早期決着を心掛けたい。
【開幕行動】
 全キャラにも言えるが、このキャラとの戦いは開幕が非常に重要。ここで先手を取れないと「虎煌拳モード」に入る事が困難なので、どうしても読み勝ちたいところだ。
 北野的には開幕闇払いで先手を取られてスタートするパターンが最も面倒と見ている為、身内読みでは開幕跳び込みも多用する。
【基本戦法】
 地上での差し合いは不利なので、狙いは「跳ばせて落とす」と「虎煌拳モード」、「起き攻め」だ。画面中央では中〜遠距離、画面端付近では中距離で戦うのが理想だ。
 中〜遠距離で「跳ばせて落とす」を狙いつつ、「虎煌拳モード」で攻める。「虎煌拳モード」によるダウンからの起き攻め重視なら画面中央で戦い、「虎煌拳モード」からの択一のみで勝負をする場合は、端に追い込む。
 中級者までだと闇払いを多用してくる相手は楽な方で地上戦でジリジリ戦う相手が非常に面倒。
 闇払い少なめで地上の差し合い中心の相手との戦いは、相手の牽制攻撃や決め打ちの「DB→CA」の空振りを読んで、「Fステップ→着C必殺投げ」を狙っていくのが非常に重要となってくる。京の攻撃は持続が終わった後の喰らい判定がその場に残らない攻撃が多いので、ユリのリーチの短い通常技群では差し返しが困難なのだ。
 こちらのFステップに対して、離Cの逃げJ大Kを使われると相当キツイが、微妙な位置調整からのFステップで、京の離C逃げJ大Kが届かない位置に着地するようにして、京を端に下がらせる事も可能。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
 琴月関連。大・琴月ガード後はめりこむので連続技。小・琴月ガード後と「BTA(必C)→大・琴月」ガード後、MAX大・琴月ガード後は微妙に間合いが離れるので「遠立大K(必C)→移動投げ」かリバーサルレバー入れ大Kで反撃可能。「BTA(必C)→小・琴月」ガード後は間合いが開くが、リバーサルレバー入れ大Kで反撃が間に合う。「BTA(必C)→MAX小琴月」は1段目のみしかガードにならないので、1段目ガード後に「遠立大K→C移動投げ」かリバーサルレバー入れ大Kで反撃が間に合う。MAX小・琴月ガード後はリバーサルレバー入れ大Kで反撃がギリギリ間に合う。
【連係対策】
【起き上がり関連】
 めくり跳び込みは小・空牙で迎撃可能。めくり跳び込みを狙うと見せかけて、早めにめくり跳び込みを空振らせて、空牙を誘うタイプにはコマンドを64123(右向き時)と入れれば、めくり跳び込みにはリバーサル小・空牙が出て、早め跳び込みによる裏回りにはリバーサル必殺投げが出る。
【起き攻め関連】
 J大Kや大J大Kでの『めくり跳び込み』が京にはかなり有効。ユリのジャンプ軌道の関係か、正ガード裏落ちタイミングの『めくり跳び込み』はリバーサル小・鬼焼きを出されても相打ちとなる。ちなみに逆ガード裏落ちの『めくり跳び込み』にリバーサル小・鬼焼きを出されると迎撃される。自分がMAX(ダメージ勝ちを考慮)で、『めくり跳び込み』のタイミングに自信があれば、『めくり跳び込み』を狙うのも悪くない。相手がリバーサルをミスったら連続技だ。他、1Fを極めた「詐欺跳び込み」も可能で、『めくり跳び込み』と併用出来れば強力だ。
 「重ね虎煌拳」は間合い十分に離し、硬直にゆとりを持って重ねないと大・朧車の的になるので要注意。
 正面からの起き攻めにリバーサル無敵技を出してこない相手なら「Fステップ→着C飛燕鳳凰脚」の奇襲も悪くない。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
【開幕行動】
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 同レベルまでは特に問題の無い組み合わせだが、上級者との戦いはなかなか厳しいものがあり、一部で2:8〜3:7の声も挙がっている程である。差し返しと起き攻めが肝になる。
【開幕行動】
 牽制とFステップと跳び込み、この三つを見れる状態でガードを固めておくのが安定する。下記の行動を視認する事が出来たら下記のように対処する。
 「大門:開幕跳び込み」は視認後に小・空牙対空で確実に落とす事。そして起き攻めだ。
 「大門:開幕Fステップ」は視認後に離C逃げJBTAで対応する。
 「大門:開幕遠立大P」と「大門:開幕BTA」は視認後に「Fステップ(着C)→必殺投げ」差し返しを狙う。心構えしておけば狙える。
【基本戦法】
 大門の地上二大主力兵器の遠立大PとBTAの前に、カチ合い狙いの地上戦は相打ちすらも厳しく無謀とも言える。しかし、大門の牽制技は戻りの隙が大きいので差し返しが非常に安定する。よって、「跳ばせて落とす」を相手に見せて、こちらの虎煌拳の出掛かりを牽制技で狙わせるようにして、潰し目的で振った牽制技に差し返しを狙っていく戦法が非常に有効だ。理想は体力優勢時に「跳ばせて落とす」で逃げ切り狙いなのだが、ダウンさせる事が出来たら起き攻めで早期決着を図りたい。
■対大門戦において差し返し「Fステップ(着C)→必殺投げ」は超重要。
《体力優勢時》
 体力優勢時は中距離での「跳ばせて落とす」でひたすら待つ。
 虎煌拳に対し、その場でDBで避ける相手やガードしてくる相手には、小・虎煌拳でDBを誘い、「Fステップ(着C)→必殺投げ」を狙う。読み、タイミングが合っていれば大門は逃げられない
 こちらの虎煌拳を前進してからDBで避ける相手は厄介。これを数回繰り返されるとこちらの虎煌拳を遠立大PやBTAで相打ちを取られる間合いとなる。但し、この間合いで振られる遠立大PやBTAは虎煌拳を撃たなければ空振りとなるので、差し返しを狙う事が可能なので、あえてそれを誘うのもいい。
《跳び込み時》
 こちらの跳び込みを「DB→CA」で対空してくる場合は技を出さなければCAにはガードが間に合う。投げ間合い内であれば着C必殺投げでCAを投げる事も可能。投げ間合い外であればCAを着C小・空牙で直接潰してもいい。
 地上対空潰しにはJBTA2段目先端当てとJ大K先端当てが使える。どちらも先端の無敵部分を使えば、JBTA2段目なら雲掴みを潰せ、J大Kなら下大P1段目にも対応出来る。
 空対空で使ってくるJBTAは判定が強く、判定が一度出てしまうと一方的に潰すのは難しい。大門のJBTAは発生が遅いので、JBTA対空を読んだら昇り大J小KでJBTAが出る前に潰す事が可能。
《体力劣勢時》
 体力劣勢時は攻めるしか無いので、誘いと差し返しで戦う。「跳ばせて落とす」を狙いつつ、相手がガードしてくれるようであれば小・虎煌拳をジャンプで追い掛け、ガードさせた後の択一に持ち込む。但し、ヒットバック等の影響でここで掛けられる択一は少し厳しく、安易な中下段の二択は行えない。この場合でのガードさせる技はJBTAが望ましい。大門の腹の位置辺りにガードマークが出れば+15(頭付近だと+12↓)の有利Fが取れる。その後の攻めについては箇条書きにしてみた。
 レバー入れ大K(中段)はBTA属性残しが適用されるているのでヒット時はダウンさせられるので、「めくり跳び込み」による起き攻めへ移行可能。ガードされ場合は−1の硬化不利だが、BTA属性残しでガードバックがBTAと同等になる為、反撃を受けない。更に、このBTA属性残しレバー入れ大Kガード後の間合いは大門の遠立大Pのギリギリ射程外なので、大門が牽制で出した遠立大Pに差し返しを狙う事が可能だ。
 下大Kが届かないので、レバー入れ大K(中段打ち)の裏の選択肢としては「Fステップ(着C)→必殺投げ」を用いる。大幅有利フレームからダッシュする為、Fステップの出だしを吸われたり潰されたりする事は無い。相手の硬直中にFステップの後半に差し掛かるので、相手は視認後の反撃は出来ないので、これに対応するには大門側が読みで決め打ちで割り込む必要がある。大門は地上で割り込めないので、大門の割り込み手段は離C逃げJ大P(離CJBTAではユリのFステップは落とせない)となるが、上記の「JBTAガード→着Cレバー入れ大K(中段)」が跳べない連係となっているので二択が成立する。
【対空関連】
 基本的に引き付けての小・空牙で問題無く落とせる。
【基本技対策】
まずは牽制技関連。大門の牽制技は判定が非常に強力で、返し技を知らないと深みにハマる。相打ちはダメージ的に相当不利なので、相打ちすら望ましくない。
遠立大P
 遠立大P。判定で強力な上に跳び防止も兼ねたかなりキツイ牽制技。射程の関係で空振り後の差し返しは「Fステップ(着C)→必殺投げ」を狙っていく。カチ合いではほぼ全ての攻撃が負けるが、お互いの牽制技がギリギリ届く位置なら遠立小Pで止める事が可能。遠立大Pの射程ギリギリ外なら下大Kを差し込む事も可能。但し、位置調整はシビア(それに見合う見返りはある)。
■大門の遠立大Pは跳び防止も兼ねた嫌な牽制技。カチ合いで一方的に潰せるのは位置調整した下大Kぐらいだ。
BTA
 BTA。判定で遠立大Pに劣るが発生が非常に早くて厄介。お互いの牽制技がギリギリ届く位置なら遠立小K。多少間合いが前後していても潰せるので楽。BTAの射程ギリギリ外なら遠立小Pで潰したり、下大Kで差し込める。但し、下大Kは位置調整がシビア(それに見合う見返りはある)。
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)に最速遠立小Kを空振りしてレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(正立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
【開幕行動】
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)に最速遠立小Kを空振りしてレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(正立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
【開幕行動】
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)に最速遠立小Kを空振りしてレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(正立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 極限流の中で最もやりやすい相手ではないだろうか。「虎煌拳モード」にハメやすく、堅実に立ち回れば負けは無いだろう。
【開幕行動】
 開幕の読みでほぼその後の展開が決まるので、開幕の読みは非常に重要。タクマの開幕跳び込みと開幕飛燕疾風脚を読んでバックジャンプが安全と言えば安全。両方に対応でき、飛燕疾風脚に対しては折り際にJ大Kを入れて「吹き飛び攻め」に移行出来る。
 他、垂直J小Kで開幕跳び込みを封じる事が可能。跳んで来そうになかったらJ小Kは出さずに降り際にJ大Kで飛燕疾風脚防止となる。
 上記に挙げた行動以外で来るなら、直で虎煌拳を撃ち「虎煌拳」モードに持ち込もう。
【基本戦法】
【対空関連】
 タクマの跳び込みはガード後の選択肢が多く、何かと不便なので、確実に小・空牙で落とす事。ガードしているようでは勝てる相手にも勝てない。
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 初段の虎煌拳を読まれて跳び込まれなければ、「虎煌拳モード」で抑え込んで倒す事が可能。
【開幕行動】
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
 バーンナックルは視認後に下大Kで迎撃可能。
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 ネタ攻めされるとキツイ事が多いので、先手を取っての「虎煌拳モード」で抑え込んで倒すのが理想。
【開幕行動】
 「ユリ:開幕大・虎煌拳」で「アンディ:開幕跳び込み」以外の行動にほぼ対応出来る。
【基本戦法】
 「跳ばせて落とす」で抑え込み、そのまま触らせずに倒すのが理想。こちらの「跳ばせて落とす」への効果的な対抗手段がGCぐらいしか無いので相手はゲージをMAXにしたいところ。相手がゲージを溜め始めたら自分も溜め始めて同じタイミングでMAXになろう。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
 起き上がりに重ねてくる空破弾はリバーサル小・空牙で迎撃可能。1/2のガードに成功してもその後が2択になっているので、コマンド入力に自信がある場合は返した方が無難。
【起き攻め関連】
 小・虎煌拳を重ねてからの様子見が無難だが、めくり跳び込みも有効。完璧なタイミングでのめくりJ大Kならリバーサル超裂破弾を出されても1ヒットしかしない(超裂破弾を全段貰う場合はめくりのタイミングがぬるい)上に、リバーサル昇龍弾でも迎撃は困難だからである。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)に最速遠立小Kを空振りしてレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(正立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 ラッシュを掛けられるとキツイ相手。このキャラに関しては消極的な戦法を取られる方が逆にやりやすい。
【開幕行動】
 ジョーの突進技はガード後が面倒なので極力出させない方向性で開幕行動を組み立てたい。
 「ユリ:開幕遠立大P」は「ジョー:開幕小・スラッシュキック」と「ジョー:開幕小・黄金のかかと」に対応出来る。「ジョー:開幕小・スラッシュキック」は一方的に潰す事が出来て、「ジョー:開幕小・黄金のかかと」は手前落ちで硬直するので遠立大Pの硬直が解けたら最速下大Kを小・黄金のかかとの着地の隙に刺す事が可能だ。
 「ユリ:開幕遠立大P」は一見いい事尽くめに思えるが、「ジョー:開幕大・黄金のかかと」に一方的に潰されてしまう。
 「ユリ:開幕遠立小P連打」は「ジョー:開幕スラッシュキック」を小大問わず迎撃する事が可能で、「ジョー:開幕小・黄金のかかと」も一方的に迎撃出来る。更には、遠立小Pの引きが早いので「ジョー:開幕ハリケーンアッパー」も視認後にガードやDBが間に合う。
 「ユリ:開幕遠立小P連打」も、やはり「ジョー:開幕大・黄金のかかと」に潰されてしまうが、黄金のかかとが見えた段階で連打をやめればガードが間に合う。ちなみに「遠立小P×2→最速小・空牙」と連係させればジャストタイミングで大・黄金のかかとを小・空牙で迎撃出来る。
 「ジョー:開幕大・黄金のかかと」を開幕の決め打ち行動で対応出来るのは「ユリ:離C昇りJ大K」のみ。
 開幕で読み合いを入れずに安定させるなら「ユリ:開幕バックジャンプ」。全ての開幕突進技から逃げる事が可能。バックジャンプ時に大・スラッシュキックが迫っていたらジャンプの頂点過ぎた辺りでJ大Kを入力すれば大・スラッシュキックを潰す事が可能。但し、「ジョー:開幕大・ハリケーンアッパー」は下降中に踏んでしまう。
 「ユリ:開幕バックジャンプ」時に「ジョー:開幕小・ハリケーンアッパー」を出されていた場合は着地にガードやDBが間に合う。ちなみに小ネタがあり、バックジャンプの着地に着C大・雷煌拳を出せば、ジョーが小・ハリケーンアッパーをスラッシュキックで追い掛けていた場合に雷煌拳がヒットする。
 「ユリ:開幕バックジャンプ」を 「ユリ:開幕バック大ジャンプ」に変えても、「ジョー:開幕大・ハリケーンアッパー」は下降中に踏んでしまう。
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
《黄金のかかと関連》
 中距離の黄金のかかとを確実に迎撃出来る技は小・空牙のみだが、視認で合わせるのはキツく、普段から遠立大Pや遠立大Kで牽制して、技を置いておく必要がある。遠立小Pでも位置が合えば迎撃可能だが、位置調整が難しい。
 黄金のかかとを視認したらまず立ちガード。その後に最速遠立小P。この時にジョーがDBで避けていたら、レバー前入れっ放しにして「前進→通常投げ」。ジョーの最速CAは間に合わない。
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
 起き攻めのめくり跳び込みをN法のリバーサル小・タイガーキックで確実に迎撃されるのがなんとも厳しい。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 かなり面倒な相手。近づいてしまえば投げキャンセルがらみの択一連係で沈める事が可能だが、近づくのが少々面倒である。
【開幕行動】
 開幕は、クロスカッターや「Fステップ(着C)→必殺投げ」を狙ってくる場合が多いので、両対応させるなら「屈ガードで様子見」が安定。クロスカッターならガードして、ダッシュが来たら下大Pで叩き落とす。身内読み等で確実にクロスカッターが来るなら跳び込みから連続技を入れる。
 反応遅めの相手には開幕ダッシュから必殺投げを狙うのも良い。相手がこちらのダッシュにネックローリングを合わせてくるタイプであれば直にK中段を狙いに行く(開幕間合いでもギリギリ届く)。ちなみに、お互いの開幕「ダッシュ→必殺投げ」をお互いにジャンプで逃げる事が出来ない。
【基本戦法】
《中距離》
 中距離はハイデルン側の方が得意な間合いなので、この間合いはなるべく控えたい。基本的にこちらから手を出すのは控え、不意の跳び込みと「ダッシュ→投げ」を警戒しつつ、様子を見る。遠立小Kからの連係で固めてくる相手には基本的にガードで対応し、ダッシュには下大Pで対応する。遠立小Kを完全に読んだ時のみ遠立小Kに小・空牙を狙い、ダウンを奪い起き攻めする。下大Kは単体であれば、小・砕破や移動投げで返せるが、遠立小Kからの連係や硬化有利で出されると小・空牙でさえ返せないので、連係の下大Kはおとなしくガードする事(もちろんGCなら反撃可能。GC移動投げが狙いやすい)。
《近距離》
 近距離では投げキャンセルがらみの連係で攻め立てる。遠立小Pや遠立小K等を使っての固めは、硬化がそこまで有利でないのと、その距離での通常技はハイデルンの方が発生に優れているので、割り込まれやすく、攻めが続かない。易くて、要所でN択を狙っていく。
 下記は割り込みを誘って潰す連係の一例。
●「遠立小K先端当て→最速大・砕破」。ハイデルンが下大P割り込みを狙った際に、目の前でギリギリ空振りになり、ハイデルンの下大Pの戻りに最速大・砕破が差し返しでヒットする。
●「遠立小P→最速下大K」。ハイデルンの打撃割り込みに全般的に有効であり、ハイデルンの最速下大P割り込みには相打ちだが、それ以外の打撃割り込みには一方的に勝てる。

【対空関連】
【基本技対策】
 通常技関連。全般的にユリの通常技とハイデルンの通常技は噛み合わない感が非常に強く、読みでダウン技を合わせるか、GCを狙うしか無い。
《遠立小K関連》
 牽制で使われる遠立小Kはかなり厄介。ハイデルンの遠立小Kを地上通常技で一方的に潰すには、ハイデルンの遠立小Kがギリギリ当たらない距離で遠立小PかBTAを置いておく必要がある上に、その距離ではハイデルン側があまり振ってこないので、知識の一つとして。ハイデルンの遠立小Kがゆとりを持って届く位置では上記の二つの技は持続を完全に置いてあったとしてもよくて相打ちとなる。一方的に潰せる技に、離C逃げJBTAと小・空牙がある。離C逃げJBTAはローリスクだが起き攻めに転じれない。小・空牙は外した時のリスクがそれなりだが、起き攻めに転じれるので期待ダメージもそれなりにある。
《下大K関連》
 下大Kに勝てる通常技はレバー入れ大Kのみ。レバー入れ大Kは空中判定になってしまえば下大Kに一方的に勝てるので、読んだらレバー入れ大Kを狙うのがいい。それ以外で有効なのは、「Fステップ(着C)→必殺投げ」で、硬直五分状態から出せれば確定させられる。
【必殺技対策】
【連係対策】
 連係関連。一つの行動で同時対応出来る局面は少なく、常に読みを入れて最大の割り込みで行きたい。
【起き上がり関連】
 こちらの起き上がりで特に気を付けたいのが、「めくりネックローリング」と「移動ネックローリングからの選択攻撃」。裏回りからの近立大Kをもらうと、前にもらっている技と連続技によっては気絶してしまうので、特に気を付けたい。消極的に、クロスカッターや下大Kを重ねてくる相手には屈ガードで対応し、その後の行動に読み勝ちたい。
【起き攻め関連】
 ハイデルンはリバーサルに出せる便利な無敵技を持たないので、ダウンさせたら「めくり跳び込み」での起き攻めが最良と言える。「めくり跳び込み」ヒット時はダウンする連続技で締めて再び「めくり跳び込み」で起き攻めするのがいい。跳び込みのヒット確認が苦手であれば「めくりJ大K→下大P→大・虎煌拳」を決め打ちするのも手で、大・虎煌拳の後に「下大Kとレバー入れ大Kによる中下段二択」を狙える。ちなみにハイデルンが虎煌拳等を踏んでダウンした場合に「めくり跳び込み」がヒットした際に「めくりJ大K→下大P→大・虎煌拳」の連続技で確実に気絶する。投げキャンセル攻めでの下大Kヒット(小・砕破が暴発する)や通常投げ等、「めくり跳び込み」を狙えないダウンの時は、挑発を入れて、相手のゲージを減らしてGCを狙わせないようにするのがいいだろう。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
■逆立ちガードなので他の攻撃と択一にする事で表裏二択が成立する。ガードされても大幅有利フレームで次の中下段を強制ガードで迫る事が可能。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 地上で技の差し合いになるとかなり不利な相手なので、「跳ばせて落とす」と「虎煌拳モード」で触らせないように戦わないといけない。
【開幕行動】
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)に最速遠立小Kを空振りしてレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(正立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 「跳ばせて落とす」で型にハメやすいキャラだが、
【開幕行動】
 クラークの開幕遠立大Kの前にこちらの開幕の牽制技や虎煌拳は全て負けてしまう。読んで跳び込んだとしても遠立大Kのスキに当てる事は出来ない。唯一勝てる行動は開幕飛燕鳳凰脚。技の出だしに踏み込まないので、出だしを潰される事が無い上に、開幕遠立大Kの技の引きにヒットさせる事が可能である。
 開幕スーパーアラビアンに対しては開幕バックステップが有効であり、スーパーアラビアンの僅かなスキに連続技で反撃が可能だ。
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)に最速遠立小Kを空振りしてレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(正立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 受け手に回ると面倒なアテナは「跳ばせて落とす」で型にハメるのも難しい。このキャラは接近後の特殊キャンセル絡みの連係で択一を迫って一気に倒したい。
【開幕行動】
【基本戦法】
 ちなみにこの相手のみ飛燕鳳凰脚をぶっ放しても構わない。アテナに飛燕鳳凰脚をガードされても貫通する為、反撃を受けないからだ。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
 相手ゲージMAX時はGCSCBを狙ってくる事が多いので、直の下段等を普通に当てに行くのも有効だ。K中段との2択で疑心暗鬼に陥っていればより当てやすいだろう。
《めくり飛燕鳳凰脚》
 下大Kヒット(ノンキャンセル)後にタイミングを計って飛燕鳳凰脚を重ねると「めくり飛燕鳳凰脚」を狙えるタイミングが存在する。
■「めくり飛燕鳳凰脚」はたとえガードされたとしてもアテナ相手だと突き抜けるので反撃を受けない。
《セットプレイ(通過属性大・砕破でのガード困難連係)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すとユリが裏側に着地した状態から通過属性大・砕破で表側に戻ってくる(ガード方向は正屈なので)のだが、ガード後ユリは裏周りするので、その後の攻撃は逆ガードになる。大幅有利フレームに加えて表裏二択が成立しているので、全てをガードするのは非常に困難と言える。
■何故か裏周りした状態から繰り出される通過属性大・砕破。一見逆ガードに思えるが正屈ガード()可能。その後ユリはアテナの後方に滑り裏に周るのでその後の攻撃は逆ガード()だ。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 差し返し主体で地上戦を徹底されると厄介。起き攻めの二択モードも面倒である。幸い、『跳ばせて落とす』と『虎煌拳モード』がすこぶる有効な相手なので、距離をとって戦うタイプは楽である。
【開幕行動】
 こちらが体力優勢時に、バックジャンプやBステップで開幕に距離を取る相手は、そのまま下がらせてしまって問題ない。その後は読まれない様に虎煌拳を撃ち、『跳ばせて落とす』に移行して、そのままタイムオーバーで逃げ切るぐらいで行く。
【基本戦法】
 地上での差し合いは、判定、発生、リーチ、全てにおいて負けていて非常に不利。しかし、「跳ばせて落とす」が非常に安定するキャラなので、体力優勢時の「跳ばせて落とす」で逃げ切り狙いが理想だ。
■ユリにとってケンスウの跳び込みは非常に落としやすい。
《体力優勢時》
 体力優勢時は、距離を取り、『跳ばせて落とす』を狙う。
《体力劣勢時》
 体力劣勢時は、『跳ばせて落とす』を行いながら、間合いを徐々に詰めていく。相手の固まるポイントを読んで、「Fステップ(着C)→必殺投げ」を狙う訳だが、一辺倒では通らないので、他の要素も見せて相手の対応や反応を伺う。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《詐欺跳び込み関連》
 通常投げ後にレバー入れっ放しジャンプ。この跳び込みは「詐欺跳び込み」になっているのでリバーサル龍顎砕を出されてもガードが間に合う。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 何気にキツイ相手。差し合いは不利な上に虎煌拳が機能しづらい。特に体力でリードされて待たれると攻めきれない感がある。
【開幕行動】
【基本戦法】
 体力劣勢時に体力を奪いに行くのがとても厳しい。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 相手のプレイスタイルに応じて、方針をしっかり決めて戦う必要がある。
【開幕行動】
【基本戦法】
 地上で攻撃を直接当てに来る相手、特に下大Pで下段を直接狙ってくる相手は、読みを入れる事で「Fステップ(着C)→必殺投げ」を通す事が出来るので、戦いやすい。
 飛翔脚を多用する相手には、MAXを心掛ける。GC小・空牙を狙っていく。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
【開幕行動】
【基本戦法】
 接近後の択一攻めがすこぶる有効だが、強引に跳びを通そうとすると、チャンの思うつぼなので、
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
【開幕行動】
【基本戦法】
 接近後の択一攻めがすこぶる有効だが、強引に跳びを通そうとすると、チャンの思うつぼなので、
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)となる。相手が逆立ちガードした場合だが、砕破をガードさせた瞬間はユリが裏周りしているように見えるがその後はユリが滑って何事も無かったように表に戻ってくるので、大幅有利フレームからの表裏二択で攻めを継続出来る。
■逆立ちガード()。 ■その後滑って…。 ■次は正ガード()。
【追記メモ】


5:5
開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 同キャラ対決。お互いにひたすら「跳ばせて落とす」狙いの我慢比べ対決になりやすい。如何に、体力優勢の状況を作り、守りきれる状況を維持出来るかと言える。
【開幕行動】
 体力劣勢時は安定させる事よりも読みを入れて、開幕行動を制したい。
 体力優勢時は、「Fステップ(着C)→必殺投げ」と跳び込みに対応出来るようにしつつ、他の開幕行動を見る。「相手:開幕Fステップ」は、Fステップ視認後に、下大Pか離C逃げJ小Kで対応する。「相手:開幕跳び込み」は視認後に小・空牙対空で対処。
【基本戦法】
 体力優勢時は「跳ばせて落とす」を狙いつつ、守りを固める。タイムオーバーで逃げ切るくらいの気持ちでいい。
【対空関連】
【基本技対策】
《下大K関連》
 下大K。差し返しを狙う。下大K差し返しは猶予が9Fあるので、心構えしておけば視認後に間に合うレベルである。
【必殺技対策】
【連係対策】
 特殊キャンセル系連係は強制ガードが続くので、読んでガードするしか無い。
《「大攻撃(投C)→Fステップ」関連》
 「大攻撃(投C)→Fステップ」を読んだ場合は決め打ちで離C逃げJ小Kで割り込める。
【起き上がり関連】
 起き上がりに跳び込んでくる場合は相手が1Fの「詐欺跳び込み」を極めていない限りは「めくり跳び込み」も含めて全てリバーサル小・空牙で迎撃可能。跳び込みはガードしてしまうとその後の択一が面倒なので強気でリバーサル小・空牙を出していこう。
《「下大Kとレバー入れ大K(中段)による中下段の二択」関連》
 「下大Kとレバー入れ大K(中段)による中下段の二択」に「リバーサル小・空牙の空振り待ち」を絡めた単純な三択が非常に面倒で、純粋に相手の心理傾向を読む必要がある。二手目、もしくは三手目には高確率で「リバーサル空牙の空振リ待ち」が来る可能性が高く、そこを逆に読んで攻守逆転を図りたい。こちらのリバーサル小・空牙の空振り待ちだが、DBで行う相手には「Fステップ→着C必殺投げ」かリバーサル移動投げを狙い、屈ガードで行う相手にはレバー入れ大K(中段)を狙おう。
【起き攻め関連】
 起き上がりに跳び込むのは「めくり跳び込み」も含めて全てリバーサル小・空牙で迎撃されてしまうので、基本的に起き上がりには跳び込まない。勿論、あくまでリバーサルが完璧な場合の話なので、リバーサル小・空牙が出ない相手であれば「めくり跳び込み」は悪くない。
 地上での下大Kとレバー入れ大K(中段)による「中下段の二択」に「リバーサル空牙のスカリ待ち」を絡めた単純三択が何気に有効。その際、下大Kには必ず投げキャンセルを掛けておき、攻めを継続させる事。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


3:7
開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 かなり厳しい相手。虎煌拳を自由に撃たせてくれないので、地上で通常技主体で勝負するしか無いのだが、地上戦でも舞の方に分があるので非常に厳しい。
【開幕行動】
 開幕での読み合いは、先手を取る為には重要。
 下記は開幕行動を簡単にまとめたもの。
VS舞開幕行動早見表
側開幕
側開幕
側開幕
A(Bに負ける) B(Aに勝てる) C(Bが負ける)
地上ムササビ
後方飛び
昇り大JBTA × 飛翔龍炎陣対空
バックジャンプ 昇り大JBTA × 飛翔龍炎陣対空
花蝶扇 跳び込み × 飛翔龍炎陣対空
【基本戦法】
 空中ムササビの存在により、『跳ばせて落とす』を機能させづらい。加えて、地上での差し合いが極めて不利なので、かなり厳しい感じになっている。
 舞の牽制技に差し返しを狙うのはかなり厳しいので、地上戦はMAXが望ましい。牽制技
【対空関連】
【基本技対策】
《遠立大K関連》
 舞の遠立大Kは判定が強く、カチ合いで勝てる攻撃は、遠立小Pと小・空牙くらいである。差し返しを狙いたいところだが、狙えるのは遠立小K差し返しぐらいで、猶予が5Fと短い上に、反射差し返しだと遠立大Kの持続に引っ掛かるので、視認差し返しで5Fを見切る必要があり、更にギリギリで空振らせて「踏み込み→レバー入れ遠立小K」とやる必要性があるので、苦労の割りに見返りが小さく厳しい。
 理想はGCでの対処であり、先行入力GC大・百烈びんた、視認後のGC小・空牙、GC大・砕破、等が有効。GC小・空牙後は絶妙なタイミングで大ジャンプによる「めくり跳び込み」が狙えるので入力に自信があるなら狙っていきたい。GC大・砕破は先行入力なら確定反撃だが、視認後の確認入力は反応の速さを問われる。
【必殺技対策】
《飛翔龍炎陣関連》
 小・飛翔龍炎陣はガード後に間合いがかなり離れるので反撃が厳しい。MAX小・飛翔龍炎陣は一段目を屈ガード後に大・百烈びんたが確定反撃となる。問題は二段目である炎部分をガードした後で、確定反撃が存在しない。MIN小・飛翔龍炎陣を屈ガードで二回ガードになった場合は、最速レバー入れ大Kを出すのも面白く、反撃はギリギリ間に合わないものの、ガードされても硬直は五分状態なので、読み合いに持ち込める。
【連係対策】
《「離C逃げJ大K(必C)→小・空中ムササビ」関連》
 「離C逃げJ大K(必C)→小・空中ムササビ」は小・空中ムササビをガードしてしまうと反撃出来ないが、離C逃げJ大Kヒット時に限り隙間に割り込む事が可能。
■離C逃げJ大Kを喰らったら即座にDBを出して最速CAを空中ムササビにヒットする。
【起き上がり関連】
 起き上がりに重ねられる跳び込みはめくりも含めてリバーサル小・空牙で対応可能。
【起き攻め関連】
 舞が超必殺忍蜂を使える時は、遠立小Kで超必殺忍蜂を誘うのも手で、遠立小Kは硬化有利もしくは五分状態から仕掛けた場合だと、直の超必殺忍蜂で例え抜けられたとしてもガードが間に合うというものだ。
 リバーサル地上ムササビ後方跳びを使わない相手であればめくり跳び込みも積極的に狙っていきたい。完璧なタイミングのめくり跳び込みはリバーサル小・飛翔龍炎陣でも返される事は無い(返される場合はめくりのタイミングがぬるい)。ちなみに通常投げ後のレバー入れっぱのめくり跳び込みはリバーサル小・飛翔龍炎陣で返されない。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 アテナと同様に受け手に回るとキツイ事が多い。レバー入れ下大Kとサプライズローズの存在で虎煌拳が撃ちにくいので接近後の「投C連係」で勝負したい。
【開幕行動】
 「開幕サプライズローズ」を読んだ場合は「開幕垂直ジャンプ」から連続技。
【基本戦法】
 受け手に回ると面倒なので特殊キャンセル絡みの連係で畳み掛けるのがいい。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
 起き上がりに重ねられる跳び込みはめくりも含めてリバーサル小・空牙で対応可能。
【起き攻め関連】
 めくり跳び込みに尽きる。無敵技が無いに等しいキャラなので相手は1/2の確立でガードするしか対応策が無い。こちらのめくり跳び込みをリバーサルサプライズローズによる空中喰らいで逃げようとした場合は
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 ユリ側のレベルが高ければ、中級者辺りまでの庵はあまり問題無くなるが、上級者との対決は苦戦を強いられる。
【開幕行動】
 「ユリ:開幕遠立小P」を振っておき、「庵:開幕葵花」や「庵:開幕琴月」を牽制しつつ、相手の跳び込みを警戒しておき、「庵:開幕跳び込み」が来たら小・空牙対空でダウンさせる。遠立小Pは連打に夢中にならない事。「庵:開幕八稚女」が見えたらガードする。
【基本戦法】
 距離あり時は「跳ばせて落とす」で様子を見つつ、小・虎煌拳を盾に大ジャンプで近付いて択一を狙っていく。こちらの大ジャンプ攻撃はお互い画面端の位置関係でも届くが、ユリのジャンプは滞空時間が長いので庵の闇払い(気弾生成後)を視認後に跳んでも攻撃が間に合わない。闇払いに対して跳びを通すには闇払いのモーションと同時に跳び込む必要があるので、先読みやコマンド入力の屈伸を確認して跳ぶ等の工夫が必要。
《中距離》
 大・葵花一段目の射程からギリギリ外れてるぐらいの位置関係。狙いは勿論「跳ばせて落とす」だが、虎煌拳は少々少なめで、跳び込みにしっかり対応出来るようにしておく。庵が、1Pの場合は八稚女、MAX時は琴月をぶっ放してくる可能性があるので、適度にバックジャンプも混ぜてバックジャンプ時にそれらの技が来たら、下りでJ大Kを出してそのまま連続技でダウンさせる。
《近距離》
 開幕間合いくらいでも対庵戦においてユリにとっては嫌な近さと言える。適度な遠立小Pで葵花と琴月を牽制しつつしつつ跳び込みを警戒する。
【対空関連】
 しっかり出せるなら小・空牙対空のみでOK。近距離で被せ気味に跳んでくる場合は下大P対空も機能する。
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
 百合折りを使った「めくり跳び込み」はユリのしゃがみ状態に当たらないので、リバーサル下小Kから連続技かリバーサル下大Kでダウンさせる。
【起き攻め関連】
 「めくり跳び込み」はリバーサル鬼焼きで基本的には返されてしまうが、コマンド入力時に振り向きが発生するとリバーサル葵花が暴発するので、入力方向を躊躇させる意味では「めくり跳び込み」は有効な起き攻めとも言える。他、早めに跳び込んでリバーサル鬼焼きを誘うのも重要。
《詐欺跳び込み関連》
 百烈びんたヒット後に「最速BTA空振り→レバー入れっ放しジャンプ」。この流れで「詐欺跳び込み」が成立。
 下大Kヒット後に「最速遠立小K空振り→レバー入れっ放しジャンプ」。この流れで「詐欺跳び込み」が成立。
《セットプレイ系》
 BTAヒット後にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に離陸入力による通過属性飛燕鳳凰脚を出すと、「めくり飛燕鳳凰脚」を狙う事が可能。BTAのヒット位置で成立の可不可が決まるが、比較的狙いやすい。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


6:4
開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 後手に回ると面倒な上、対処に困る攻撃が多いので、一度近寄ってからの「投げキャンセルがらみの連係」で抑え込んでN択で沈めるのが理想。
【開幕行動】
 開幕は遠立小Pを連打しておけば、影二の跳び込み以外の先制攻撃に対応出来るので、とりあえず安定。跳び込みと天馬脚が来たら冷静に小・空牙で落とす。
 開幕に影二がバックダッシュやバックジャンプで間合いを離したら、1テンポおいてから大J大Kで跳び込めば、斬鉄波を発射した直後の影二に跳び込みが刺さる事が多い。この時、影二が斬鉄波を出しておらず、対空準備をしていたら、こちらもジャンプ攻撃を変えれば対応できる。下大P対空にはJBTAかJ大K先端当て、下小K対空にはJ小KかJ大K(J大Kはタイミングが少し合わせづらい)、下大Kの2段目対空にはJ大Kで影二の足を直接狙う(これもタイミング難しいし、相打ちもある)を、それぞれ合わせていく。
【基本戦法】
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
《画面端起き攻め対策》
 画面端で重なられての攻撃はダウン状況でガード方向が変化するので、見極めが問われる。投げ後に影うつしで重なられての攻撃は、逆ガードなのでレバー方向は空間側だが、起き上がる直前に前に戻られると正ガード(レバー方向は画面端方向)になるので、ガードは1/2となる。両対応の起き上がり行動にはリバーサル通常投げがあるが、ミスった時にフルコンボで死亡する。下記はリバーサル必殺技による特殊な入力を用いた対応例。ケースは画面右端で例を載せたので、画面左端の際は入力を反対方向に入れて欲しい。
 リバーサル必殺投げで対抗する場合は、画面右端であればコマンドをと入れる訳だが、最後のと小Pを同時に3F入力した後にへ入れっぱにしておく。
 リバーサル小・空牙で対応する場合は、小・空牙の複合入力とコマンドを仕込んでガードの保険を掛ける方法の二通りがある。
 ガードと同時成立させる場合は、起き上がる3F前までに小P(小Pは2Fで止める)とコマンドを完成させて、最後のを入れっ放しにしておく。逆ガードの場合はリバーサル小・空牙が発動して、正ガードの場合は最後に残してあるが効いているので屈ガード出来る。
【起き攻め関連】
《セットプレイ系》
 BTAヒット後に「最速挑発→最速過属性飛燕鳳凰脚」。この流れでの離陸入力による通過属性飛燕鳳凰脚は「めくり飛燕鳳凰脚」が成立する。BTAのヒット位置で成立の可不可が決まるが、比較的狙いやすい。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


8:2
開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 上級者は容易に近付かせてもらえないが、一度近付いてしまえばそこからの択一攻撃で死ぬまで寝続けさせる事が可能。
【開幕行動】
【基本戦法】
 遠距離でチマチマやっても面倒の一言。虎煌拳でDBや「DB→CA」を誘い、そこを狙って跳び込みで一気に接近し、択一攻撃もしくは固めで倒すのが理想。
 端に追い込んだ際に有効な戦法として「砕破連発」がある。 画面端限定だが有効な起き攻めとして、密着で小・砕破をガードさせてから、小・砕破を連発(距離が離れてきたら大・砕破で間合いを詰める)するものがある。これは強制ガードが成立しないのだが隙間が1〜2Fしか空いていないので、ビリーは技で割り込む事が出来ず、GCしようにも砕破はGC受付時間が短くGCが掛けづらい。
【対空関連】
【基本技対策】
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
画面端限定だが有効な起き攻めとして、密着で小・砕破をガードさせてから、小・砕破を連発(距離が離れてきたら大・砕破で間合いを詰める)するものがある。これは強制ガードが成立しないのだが隙間が1〜2Fしか空いていないので、ビリーは技で割り込む事が出来ず、GCしようにも砕破はGC受付時間が短くGCが掛けづらい。
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


6:4
開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 お互いにお互いの気弾を視認後に跳べないので持久戦になり、痺れを切らした方が負ける典型的な組み合わせ。火力とワンチャンは柴舟、手数と択一はユリ、といった感じで6:4でユリ有利と見ている。
【開幕行動】
【基本戦法】
 攻撃力の差が顕著なので常にMAXを心掛ける。
 気弾の性能が発生は負けるものの隙の少なさはこちらが上なので、気弾の撃ち合いは五分もしくは若干有利でひけをとらない。お互いにジャンプ軌道が緩く遅いので、お互いに相手の気弾に対しての跳び込みは超先読み以外は通らない。気弾の隙等に跳びを通されてしまうと「気絶→死亡」なので、時間いっぱい掛けてゆっくり戦おう。我慢強さが問われる。
【対空関連】
【基本技対策】
 牽制技同士のカチ合いによる潰し狙いは、相打ち時はダメージ負けするので、差し返しを狙っていく。幸い、柴舟の大攻撃牽制は振りが大きく、差し返しが非常に行いやすい。
《遠立大K》
 遠立大K。出してくるポイントで心構えしておき、「Fステップ(着C)→必殺投げ」差し返しを狙っていく。
【必殺技対策】
【連係対策】
【起き上がり関連】
【起き攻め関連】
《セットプレイ(通過属性大・砕破での屈ガード不能)》
 百烈びんたヒット後(必殺投げ含む)にレバー入れっ放しで前方ジャンプして着地に最速(着Cは×)で離陸入力()で通過属性大・砕破を出すと屈ガード不能(逆立ちガード)。ガードされても大幅有利フレームで攻めが継続出来る。
【追記メモ】


2:8
開幕行動 基本戦法 対空関連
基本技対策 必殺技対策 連係対策
起き上がり関連 起き攻め関連 追記メモ
 非常にキツイ相手。地上での差し合いが判定面、攻撃力共に圧倒的に不利で、差し返しもままならない。得意の「虎煌拳モード」も使えず、「跳ばせて落とす」も狙いづらい。なんとか、必殺技でダウンを奪いめくり跳び込みからの起き攻めで一気に片を付けたい。この相手は遠距離での対応モードで動かれる方が対応ミスを誘える分楽であり、近距離で地上の差し合いに持ち込まれる方が非常に厳しいと言える。
【開幕行動】
【基本戦法】
 跳び込みを落とすのが絶対条件と言える。小・空牙対空を合わせられないと話にならない。
【対空関連】
【基本技対策】
 ルガールの遠立小Kはユリにとってかなり厳しい技。お互いの牽制技同士がギリギリ届く間合いであれば、遠立小PやBTAで迎撃可能。
《遠立小K関連》
 ルガールの遠立小Kはユリにとって非常に厳しい技となっている。
■遠立小KへのGCは先行入力GC大・砕破が安全。ガードされてもフレーム有利なので攻守逆転が図れる。
【必殺技対策】
《ダークバリヤー関連》
 ダークバリヤー。GCするなら大・百烈びんたか大・砕破を狙う。
【連係対策】
《「遠立小K絡みの攻め」関連》
 但し、ルガールの遠立小Kがユリ本体に届く間合いでの「遠立小K→遠立小K」の連係は隙間が1Fしか無いので基本的に技では割り込めない。「遠立小K→ダークバリヤー」の連係は遠立小Kで割り込む事が可能であり、ダークバリヤーの出だしを潰す事が出来る(1Fでも遅れると間に合わない)。
■遠立小Kをガード。その後のダークバリヤーを完全に読んだのなら…。 ■最速遠立小Kを狙う。次の瞬間、ユリの遠立小Kがヒットする。
《「小・カイザーウェーブ→ゴッドプレス」関連》
 遠距離での「小・カイザーウェーブ→ゴッドプレス」の連係は小・カイザーウェーブをギリギリまで引き付けて垂直ジャンプで回避出来ればゴッドプレスに対して垂直J大Kから連続技で反撃出来る。
【起き上がり関連】
 重ねられたダークバリヤーは空牙を出しても無意味。基本的にガードとDB以外では対応不可。MAX時ならGC大・百烈びんたかGC大・砕破を狙おう。
【起き攻め関連】
 色々考えた結果、『めくり跳び込み』に尽きる。「起き攻めのめくり跳び込みに弱い」というルガールの弱点と、ユリの起き攻めの『めくり跳び込み』は非常に相性がいい。『めくり跳び込み』ヒット時は、気絶する連続技狙いか、移動投げ、必殺投げで締めるのが理想(再び同じ状況で起き上がりを攻め込める)。
 相手がガードで対応するタイプであれば、起き上がりにジャストで重なる感じで狙い、相手のガードミスを誘う。あからさまにめくる感じでは無く、真上に被さる感じだと、リバーサルジェノサイドカッターの入力ミスも誘える。
 リバーサルジェノサイドカッターに固執するタイプであれば、若干遅めのめくりJ大Kでリバーサルジェノサイドカッターを潰せる。やはり、あからさまにめくる感じでは無く、真上に被さる感じで狙う必要がある。真上に被さる感じであれば、相手がこちらのタイミングに合わせて、ジェノサイドカッターを出してきても空振らせる事が出来る。
【追記メモ】



inserted by FC2 system